〜器具の紹介〜 水槽

水槽の紹介をしていこう。

サイズの種類

水槽のサイズは幅広くいろんなサイズがある。一般的なサイズでは30cm、45cm、60cm、90cm、120cm、くらいだろうか。良く売られているサイズでは30、45、60(cm)が人気のようだ。

お手ごろなのは小さいサイズのものだろうが、水槽のサイズが小さいと水質の変化が激しくて汚れやすくなっているので管理が結構大変。60cmくらいあれば水も安定しやすくてお勧めだ。もちろん小さいサイズの水槽でも大きいサイズの水槽でも手入れをしっかり行うのは変わらないので自分の好きなサイズで問題は無い。

材質の種類

水槽にはガラスとアクリルの材質がある。それぞれの特徴などを紹介していこう。

ガラス

ガラスの水槽のメリットとしてはキズが付きにくいことと長期間キレイな状態が保てるところ。一般的な60cmくらいのサイズならガラス製の水槽の方が安いというところもポイント。

マイナスなところは、やはり割れやすいということ。設置場所もしっかり考えて普段の生活で注意できていればそれほど問題は無いだろうが、子供がいる場合では割ってしまう危険性がかなり高い。あとは水槽そのものが結構な重量になっていることもマイナスか。

アクリル

アクリル製の水槽は何といってもその頑丈さ。少々の衝撃にはものともしないし、割れにくい。材質もガラスより軽いので水槽の持ち運びも楽。加工しやすいのも良いところだ。

ただ、頑丈とはいってもキズは付いてしまう。長期間使用していると水槽はキズだらけなんてことも。そのせいで中の熱帯魚がぼやけて見えにくくなってしまう。

注目サイト

おいしい粉末茶
http://www.matsudaen.com/